9月の集会

青空の下、幼児クラスの子ども達は集会を行いました。イエス様に朝のお祈りをした後、みんなで季節の歌「とんぼのめがね」を歌いました。その後は先生によるお楽しみです。今回はパネルシアター「桃太郎」でした。鬼が降参する場面では鬼がゆらゆら動く様子が面白くて子ども達も体をゆらゆら揺らして楽しんでいました。最後はみんなで一緒に「ゆかいな牧場」を踊って終了しました。2学期はプレイデーやクリスマス会と大きな行事があります。たくさんのことに挑戦しながら心も体も大きく成長する姿を見守っていきたいと思います。

おたのしみ梨取り会

9/10に予定していた秋のバス遠足(梨狩り)が緊急事態宣言が延長したことにより中止になってしまいました。5歳児に遠足が中止になる話をするとがっかりしていたとの担任からの報告に園長先生が何か楽しいことができないかしら…と考えてくれたのがこの「おたのしみ梨取り会」です。当日まで何をするか分からない5歳児には楽しいことをするのでエコバックを持ってくるようにだけ話をしました。家から持ってきたエコバックと折り紙で作った財布を持ってお楽しみ会の始まりです。

まずは、み○ほ銀行さゆり支店で金券を10枚もらいました。正門から出て旧正門まで歩いて行くとさゆりデパートがありました。デパートで50円の金券7枚で一人7個の買い物ができます。ぬいぐるみ・タオル・ふでばこ・バックなど品物が勢ぞろい、子ども達は何を買うか真剣に迷っていました。買い物の後は修道院の駐車場に移動して輪投げをしました。梨狩りに行く予定だった梨園から送ってもらった梨が景品です。金券2枚で一人3回輪を投げてみんな梨をもらいました。最後のお楽しみはアイスクリーム屋さんです。金券1枚を払い3種類のアイスの中から好きなアイスを選びみんなでおいしくいただきました。全てのお楽しみが終了し保育園へ戻る道のりは子ども達の嬉しそうな笑顔が溢れていました。「今までの保育園の中で今日が一番楽しかった♪」「せんせい、楽しかった!!」の子ども達の声を聞いて遠足には行かれなかったけれど楽しい思い出ができてほっとしました。1歳児~4歳児が午睡をしている時間に行ったので5歳児と職員だけの秘密のひとときでした。

3歳児水遊び

3歳児の水遊びの様子です。プールの中には入らないという約束をしっかりと守って遊んでいます。大きい水鉄砲を持って友達に遊び方を知らせたり、水のかけ合い、じょうろで芝生に水をあげたり…思い思いに水遊びを楽しんでいます。不安定な天気や蒸し暑い毎日ですが子ども達は暑さに負けず元気いっぱい園生活を送っています。

すいかの製作

2歳児が「すいかの製作」をしているところです。先週、両足の足型をとりました。

足の裏を筆で塗るたびにくすぐったくて顔がニコニコ、体がクネクネしていました。

赤色の足型をすいかに見立て、皮の部分は糊付け、種の部分は黒のシールを貼りました。日常の保育の中でシール貼りや糊付けをしているので材料を渡して説明をすると一人で黙々と取り組めます。手を拭くための糊雑巾も作業が終わったあとは自分で水道で洗って干すことも習慣づいてきました。おいしそうに出来上がったすいかを見て子ども達もニコニコ笑顔でした。

どろんこ遊び

夏ならではの遊び、水遊びに続き子ども達が大好きなのはどろんこ遊び!!(中には洋服が汚れるのを嫌がる子どももいます。)どろんこ遊びをすることを伝えると「やったー!!」と大喜びです。はじめは砂場の周りからスコップを入れて遊んでいましたが一人が中に入って遊びだすと次から次へとどろんこの中へ・・・。泥水をコップの中に入れ「コーヒー牛乳みたい」と見せてくれたり、「ここ深いよ、来てごらん」「何で深いのかな???」と遊びの中に不思議と発見がいっぱいです。大人はどろんこ遊び=汚い・汚れる・洗濯が大変…のイメージがあると思いますが子どもにとっては五感を刺激する大切な遊びの一つです。我が子のどろんこになった洋服を見て楽しんで遊んだ姿を思い浮かべてもらいながら洗濯よろしくお願いします。

あやとり遊び

今、幼児クラスではあやとりが流行っています。朝の身支度を終えるとあやとりのひもを取り出し友達と取り合う二人あやとり、ほうきやゴム、亀などの形を作る一人あやとりを楽しんでいます。5歳児は指先を器用に動かしながら亀→座布団→ゴムと形を変化させて得意そうに見せてくれます。3歳児もあやとりのひもを手に巻き付けて5歳児の真似をしています。写真は3歳児と4歳児が「ほうきできるよ!!」と見せてくれたところです。1本のひもで手軽に遊べるあやとりは指先をたくさん動かすので脳に刺激を与え活性化させたり、手順を覚えるために集中力や記憶力のアップにも繋がっていきます。また、友達と取り合うことでコミュニケーションも図ることができます。ちょっとした空き時間に子どもと一緒にあやとりをして親子の触れ合いの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

4歳児水遊び

夏といえば子ども達が大好きなプール遊び!!例年は屋上でプール遊びですが今年もコロナウイルス感染防止に伴い、プール遊びは子どもの密集、密接を回避できないことなどを考慮して昨年同様に水着は着ないで水遊びを行っていきます。今年度、水遊びのトップバッターは4歳児です。じょうろで水のあけ移しや水鉄砲で水の飛ばし合い、魚釣りを楽しんでいました。プールの中で泳いだり、潜ったりはできませんが水に触れ気持ちよさそうな4歳児の子ども達…密集にならないように年齢ごとに行っていくので柵の向こう側から他年齢の子ども達が羨ましそうに水遊びの様子を眺めていました。

こども夏まつり

7/16(金)はこども夏まつりでした。この日は朝から浴衣や甚平を着て登園してきました。気温が高かったので保育室に子どもコーナーを設置。くじのコーナーは「ミニオンズ」・「ディズニーツムツム」・「カプセルくじ」・「動物わくわくランド」の4種類。その他にわなげ・ビニールヨーヨー釣り(海の生き物・山の生き物・金魚・働く車)・ディズニーキラキラスティックのお店コーナーがありました。子ども達は各自こども夏まつり券を持ち、友達や保育士と一緒に各コーナーを回りました。くじ引きは何が当たるかドキドキ!!「せんせい、1番があたったよ」「ぼくは2番だった」と嬉しそうに景品を見せてくれました。たくさん遊んだ後はみんなで盆踊りです。♪ドラえもん音頭・アンパンマン音頭・月夜のポンチャラリン♪の3曲を踊りました。太鼓の音で夏まつりの気分を味わうことができました。お父さん、お母さんがお迎えにくると真っ先に「見てみて!!」とお土産を嬉しそうに見せる子ども達でした。

☆たなばた☆

今日は七夕☆彡

保育園では6/29にマリア様の山に生えた笹を切り、クラス毎に子ども達が作った笹飾り(輪つなぎ・三角つなぎ・四角つなぎ等)と織り姫と彦星の短冊を飾りつけました。7/5は乳児クラスと幼児クラスに分かれてホールで集会をしました。1歳児は初めての集会でした。「たなばたバス」のブラックシアターを見ましたが電気が消えて暗くなっても1歳児も泣かずに見ることができました。給食は天の川にちなんで「そぼろ天の川ご飯」でした。大小に切り抜いてある星型の人参に子ども達は大喜びでした。ホームページ内の<今月の給食と食育>に写真を載せたのでご覧ください。

☆子ども達が一所懸命に書いた願い事が叶いますように・・・☆彡

おしごと楽しいよ!!

1歳児の室内活動の様子です。天気が良い日は気温が上がる前に戸外に出て遊んでいます。戸外で十分に体を動かした後、10時過ぎに室内に戻ります。たくさん遊んで汗をかくので濡れタオルで体を拭き、洋服を着替えサッパリしたあとお仕事を開始します。棚から自分のやりたい作業を選んで自分のマークがついているテーブルに運びます。シール貼り・ひも通し・玉落とし・クレヨン画が大好きです。お仕事が終わったら元にあった場所に片づけます。(子どもが片づけやすいように棚に写真が貼ってあります。)少しずつですが<使ったら片づける>ということが身についてきました。お家でも「お片づけができるようになりました。」という嬉しい声が聞かれます。子どもが生活しやすいように環境を整えることで「ひとりでできた!!」と自立への一歩につながっていくのですね。

小松菜の収穫をしました

5歳児が育てた小松菜が収穫の時期を迎えました。採り方の説明を聞いた後、一人ずつ小松菜を収穫しました。土の中から出てきた根っこを見て「わぁ~なが~い!」と友達と見せ合い長さを比べて楽しんでいました。収穫した後は観察画の記録です。みんな、真剣な顔で取り組んでいました。大きくて立派に育った小松菜は給食の【ちゃんこうどん】の具材になりました。「みどりさんが育てた小松菜おいしいね!!」と言いながら全園児・職員みんなでおいしくいただきました。

小松菜の栽培

6/1に5歳児が畑に小松菜の種をまきました。6/9に間引きをしてどんどん大きくなってきました。水やりの活動を通して「芽が出た!!」「この間より大きくなったね」など子ども同士で日々の発見を楽しそうに話し合っています。また、観察画を描くことで観察への興味も出てきます。観察画の用紙を見て子ども達の思い思いのコメントがとてもかわいくて思わず笑ってしまいました。自分たちで種をまき、水をあげて育てた小松菜の味は格別においしいでしょうね。収穫の日が今から楽しみです。

調理場見学

正門を入るとピロティーから調理室の中が見えるようになっています。この日は食育活動の一環として2歳児が調理場の見学をしていました。一人ずつ保育士に抱っこしてもらいながら給食を作る様子を見ました。ちょうど切り身魚の上にコーンクリームを塗っているところで調理の先生から「今日の魚はからすガレイです」と説明がありました。その他にも大きなザルいっぱいに入ったブロッコリーやたくさんのパンを見て「わぁー!!」と大興奮の子ども達でした。魚の名前を聞いたり、給食を作る様子を見て子ども達が食に触れるよい機会となりました。お家でも一緒に買い物をしながら野菜や果物、魚などの名称を知らせたり、食卓を囲みながら「今日の魚は○○だよ」「骨があるかな?」など会話を通じて食に対する興味や関心の幅が広がるといいですね。

マリア祭

本日5月28日(金)いつも私たちのために祈ってくださるマリア様に感謝するマリア祭を行いました。例年、5月の母の日を兼ねて保護者をお招きして母の日のお祝いをしているのですが今年は緊急事態宣言の延長もあり園児(幼児)のみで行いました。子ども達は自分で選んだマリア様にお捧げする花を嬉しそうに持って登園してきました。5歳児はお花まき・旗パレード・共同祈願とそれぞれの役がありましたが与えられた役を立派に行っていました。保護者をお招きできず残念でしたが、天候にも恵まれ素敵なマリア祭を行うことができました。子ども達は大好きなお母さんのために気持ちを込めてプレゼントを作りましたのでどうぞお楽しみに!!マリア祭の様子は動画配信しますのでお楽しみ下さい。

お散歩!!

1.2歳児も月に1回は近隣の公園に園外保育に行っていたのですが現在は園外に出ることを控えています。そんな時、園長先生から「修道院の庭のお花がきれいよ。公園に来てるみたいで1.2歳児なら楽しめるのでは…」と声をかけてもらい早速、2歳児が友達と手をつなぎ散歩に行ってきました。写真は1歳児が保育士と手をつないで散歩をしている様子です。初めての場所に緊張気味の子ども達でしたが大きな花を見つけると保育士の手を引っぱり花の所まで歩み寄っていました。緑の葉っぱのトンネルをくぐったり、くねくねした小道を通ってプチ散歩を楽しみました。もうすぐ梅雨の時期に入りますが、雨の恵みに感謝しながら梅雨期の自然や植物、生き物に興味や関心が持てるように子ども達に関わっていきたいと思います。

こどもの日の集い

5月11日(火)は子どもの日の集いでした。例年、全園児ホールに集まって一緒にお祝いをするのですが、子ども達が密集しないように配慮して今回は2・3歳児と4・5歳児の2グールプに分かれて行いました。子どもの日の集いのお楽しみは職員による人形劇です。今年は「なまけもののこいのぼり」の人形劇を見ました。元気がないこいのぼりのためにウサギとゾウとサルがうちわで風を送って元気を出してもらおうとする内容でしたが子ども達は楽しんで見ていました。この日の給食は行事食でした。子どもの日ということで松風焼きがこいのぼりの形に…子どもも職員を「わぁーすごい!!」と大喜びしながらおいしくいただきました。 

コロナ禍の今、従来のように行事を行うことが難しいですが感染対策をしっかり行いながら子ども達が楽しめるような計画を立てていきたいと思います。

キッズパワー

毎週水曜日は子ども達が楽しみにしているキッズパワー(体操)の日です。幼児クラス(3・4・5歳児)は各40分ずつ発達や運動機能に合わせたプログラムで体操をしています。毎月の体操プログラムによってホールや戸外で行います。4/21は戸外で鉄棒運動でした。鉄棒をする時は絶対に手を離さないという約束を聞いた後、おさるさん・こうもり・だんごむし・足くぐり・前回りなど年齢に合ったプログラムを行いました。4/28はホールでマット運動です。クモ歩き・くま歩き・5歳児は連続前転や忍者回転(側転)をするための体の動きを知るために跳び箱を使って手のつき方や足の上げ方の指導がありました。中には体を動かすのが苦手だったり、「できない…」と消極的な子どももいますが先生の励ましの声かけやサポートにより頑張って挑戦しています。「できないけどやってみる!!」と挑戦する気持ちが子どもたちの心と身体を強く、たくましくしてくれることでしょう。

こいのぼり製作

各年齢こいのぼり製作を行いました。1歳児は手形とり、2歳児は糊付け、3歳児は○型の折り紙(うろこ部分)を半分に折ってから糊付け、4歳児は織紙(切り込みが入った台紙に紙棒を上下交互に通す)、5歳児は大・中・小の折り紙でこいのぼりとかぶとを折りました。幼児クラスでは製作を提供する前に必ず保育士がデモストレーションを行います。作り方を知らせることで保育士の最小限の援助で子どもは作品を完成させることができます。時間がかかっても「一人でできた!!」という達成感と満足感を味わうことができるのです。日常生活の中でつい手を出してしまいたくなることはありませんか?手を出すことは簡単ですが子どもが自分で考えて行動できるように見守り、本当に必要な時にそっと手を差し伸べてあげられるといいですね。

いっぱい遊んだよ

新年度が始まり2週間が経ちました。新入園児の1歳児も朝はお父さん、お母さんと離れる時は大泣きですが少しずつ泣く時間も短くなり好きな遊びを見つけて遊べるようになってきました。室内ではシールはりや玉落とし・キャップ落とし・トンカチトントン・クレヨン画など保育士と個別に関わりながら活動しています。戸外では滑り台・ブランコ・ボール遊び・広い園庭を歩き回り探索活動を楽しんでいます。朝の涙の大合唱はもうしばらく続きそうですが早く保育園生活に慣れ、さゆりっこらしく元気いっぱい楽しい園生活を送ってほしいと思います。

イースターエッグ探し

4月5日(月)にイエス様のご復活をお祝いして園庭でイースターエッグ探しを行いました。この日は新1年生も参加して一緒に卵探しをしました。子ども達がおやつを食べている間に保育士が園庭のあちらこちらに卵を隠します。子ども達はどこに隠すのか興味津々です。まずは2歳児から探しました。ベランダの花壇の中にある卵を見つけて「あった~!!」と嬉しそうに見せてくれた2歳児、3歳児は保育士の「たまごどこかな」の声かけに園庭をグルグル走り廻っていました。4・5歳児の番になるとだんだんと隠してある場所が難しくなりますが葉っぱの中を覗いて見たり、木の上に登ったりしながら卵探しを楽しみました。卵を見つけたらみんなで「アレルヤ~!!」の挨拶。雨の心配がありましたがイースターエッグ探しの間は雨も止み、みんなでイエス様ご復活のお祝いをすることができました。