聖母のさゆり保育園

今月の給食と食育

<2月の給食>

暦の上では立春を迎えますが、1年で一番寒い時期です。免疫力を上げるためにも1日3食バランスのとれた食事をとり体を動かし、しっかりと睡眠をとりましょう。

今月の旬食材はほうれん草とかぶです。

ほうれん草は疲労回復や美肌などを助ける栄養豊富な食材で冬のものは夏のものよりもビタミンCが3倍も含まれています。ちぢみほうれん草やサラダほうれん草など今は種類も増えています。水溶性のビタミンなのでゆで調理はさっと行ってください。新聞紙にくるんでビニール袋へ入れ立てて野菜室で保存すると長持ちします。

かぶは地域ごとに品種が存在し、大・中・小・白・赤・黄・紫など様々です。根は消化酵素のアミラーゼが多く、胃もたれや整腸に効果があります。皮ごとサラダや漬物にすると無駄なく摂れます。葉はβカロテンが多く、髪、視力、皮膚を守り、呼吸器系を守る働きもあります。根と葉を切り離し保存袋に入れ葉は立てて野菜室へ入れると長持ちします。

 

ダウンロード
<2月給食献立表>
2月献立.pdf
PDFファイル 151.8 KB

<各クラスの食育活動>

<令和2年10月 幼児クラス>

幼児クラスの10月の食育活動は、お好み焼き作りです。一人ずつ器にキャベツとハムを分け、自分の食材を包丁で切ります。その後、小麦粉、卵、水を入れ、ホットプレートで焼いて食べました。アツアツのお好み焼きに、子ども達も嬉しそうでした。

<令和2年7月 すずらん組>

先日すずらん組(1歳児クラス)は食育活動で、枝豆はずしを行いました。「お豆をギューて取るよ。」と声をかけると、子ども達は枝豆を上下に振ったり、引っ張ったり、嫌がる子どもはなく、みんな物珍しそうでした。1歳児が外してくれた枝豆は、この日のおやつ「枝豆としらすのおにぎり」になり、みんなで美味しくいただきました。

<令和2年7月 4歳児 小松菜の収穫>

4歳児は6月初めに小松菜の種まきをしました。途中、プランターからあふれるほどに育った小松菜の間引きをして、今月6日に収穫しました。子ども達は自分たちで育てた小松菜を嬉しそうにとっていました。翌日の給食で「たなばたそうめん」に添えて食べました。